水際喫茶室|お魚・エビに一喜一憂

蛯原先生の研究室

ラボ4コマ|第14話〜第16話

アルコール標本

ページ先頭へ戻る

切望

ページ先頭へ戻る

年代物

ページ先頭へ戻る

 この標本はオランダの某博物館に持ち込まれた後、麻袋に入った未開封のまま、百余年間倉庫の片隅にあったそうです。多分当時の学芸員さんも、持ち込まれた標本全てには手が回らなかったのでしょう。さすがにラム酒に漬けっぱなしというわけではなく、アルコール自体は交換されていたようです。麻袋ごと出して新しいアルコールに漬け込めばよいので。
 昔は写真技術もありませんし、新種記載をした学者が「その生物の生きたままの姿を見たことがない」という事も珍しくありませんでした。写真で残せるようになったのは、分類学の歴史から言えば比較的近年です。

 ラボ4コマはブログにしました。
新しいお話はブログで→http://mizugiwalab4.sblo.jp/

 < 14〜16 > 

ページ先頭へ戻る

2009年10月公開

Copyright (C) 2001-2011 水際喫茶室. All Rights Reserved.