紫大根の花

 
 この研究室では、「河川環境と生物多様性の保全」をテーマに、
浦上川(長崎市)・雪浦川(大瀬戸町)・千綿川(東彼杵町)の
環境と生物相を調査中です。

とくにダム・堰などの人工横断構造物が生物の分布や生息環境に
与える影響や効果を明らかにして、
生物多様性の保全に取り組んでいます。

 もともとテナガエビ類やヌマエビ類等、
甲殻類の分布・生態について力を入れていましたが、
最近では、メダカ、カワムツ、ハゼ類等、
魚類についても分布調査を行っています。


時には他の大学や団体の研究機関とも合同で野外調査に行きます。
天気がいい時は、ちょっとピクニック気分かも。
川遊びが好きな人には、もってこいですね。

<TOPに戻る>