水際喫茶室|お魚・エビに一喜一憂

レッドチェリー

ヤマトヌマエビ等小卵型種の幼生飼育方法

 ここでは、三矢研で行なわれていた「ヤマトヌマエビ等の小卵型種の幼生」を飼育する方法をご紹介します。
 小卵型と大卵型の違いは、「大卵少産と小卵多産」へ。
 ヤマトヌマエビ等小卵型淡水エビの生活史については、「徳島大学環境マネジメント研究室(はまの研)のサイト」で見ることが出来ます。メニューの「水辺の小わざ」内、「川エビの生活と魚道」をご覧下さい。

ページ先頭へ戻る

抱卵エビの飼育

 抱卵エビは、実験室で飼っていた個体が抱卵したものと、野外で採集してきたものの両方を使っています。抱卵に気づいたら、ゾエアの放出が始まる前に、抱卵メスを1リットルビーカーや大きめのマヨビンに1尾ずつ隔離して、ゆるくエアレーションをかけておきます。
抱卵メスの調子が悪い時には、この隔離後に脱卵してしまうことがあります。脱卵が予想される時は、卵がはっきり発眼してから隔離すれば、万一脱卵しても孵化はしてくれる可能性があります。
個別飼育に移行したエビが落ち着かないようなら、少し水草を入れ、あまりストレスを与えない暗がり等に置くなどします。
ゾエア孵化までは、今までと同じようにゴミ掃除と餌やりを行います。→実験室内での飼育方法

ページ先頭へ戻る

餌と海水の用意

 ゾエア幼生には、餌として研究室で培養した海産の植物プランクトンとクルマエビ用の配合餌料を与えます。ゾエア放出に先立ち、繁殖期が来る前に培養を開始しています。たまに海産植物プランクトンの調子が悪い時、冷蔵庫にストックしてある海産クロレラも使用しますが、こちらはあくまで非常用です。海水は、濾過海水もしくは、人工海水を使用しています。どちらの場合も、ポリタンクに用意しておきます。

ページ先頭へ戻る

ゾエア幼生が放出し始めたら

 ゾエア幼生は、孵化直後、すぐにでも塩水が必要なわけではありません。丸2日は淡水でも大丈夫です(種によって期間に差はあります)。
経験上、親メスの調子がよく、水温高め(約24度前後)の場合、卵は1〜2日間のうちにほとんど孵化してしまいます。一方、親の調子が悪かったり、温度が低めだと、ダラダラとゾエアが放出されたり、放出が終わらないうちに親エビが脱皮してしまったりします。
朝ゾエアの放出に気付いたらその日の夕方、夕方に気がついたら次の日には、次の行程に入ります。大きめのバットにビンの中身をあけ、ゾエア幼生の入った飼育水から親エビを取り出します。まだ腹肢に卵が残っている場合は、新しいマヨビン(またはビーカー)に今までと同じように親エビを隔離して、引き続き残りのソエアが放出されるのを待ちます。
ゾエア幼生は飼育水(なるべくゴミは入れない)ごと新しいビンに入れ、半海水くらいになるように、海水を足します。ヤマトヌマエビには70%海水が一番良いという実験結果がありますが、50%海水でも十分な生残が見込めます。海水を足す量は、目分量でOKです。
植物プランクトンをピペットで取り、海水ごと投入します。(プランクトンの密度によって、与える量が変わります)
ゆるくエアレーションをかけます。エアレーションがゆるすぎたり、強すぎたりすると、元気の無いゾエア(特に脱皮前等)は、水面の表面張力につかまって水中に沈めなくなったり、水底に溜まるふわふわしたゴミにまかれて動けなくなったりします。最悪の場合、餌もとれず、脱皮も出来ず、死に至ります。特に調子の悪いゾエアが多いタンクでは、ゾエアの遊泳力が弱く、これらの現象が発生しやすくなります。

ページ先頭へ戻る

ヤマトヌマエビの卵&ゾエア幼生の写真

 知人のとんばさんから頂いた顕微鏡画像です。

孵化直前の卵

【孵化寸前の卵】
 親メスの腹肢から脱卵してしまっていたものだそうですが、ここまで発生がすすんでいたら、孵化は目の前。エアレーションしていれば、幼生の一部は孵化できます。右上や左下に見える透明な繊維状の物質で、親の腹肢にくっついています。

ゾエア

【孵化後二日目】
 第1期ゾエア幼生を上から見た写真です。走光性があって、明るいところに集まってきます。ゾエア幼生は水中をぴんぴん泳いでいて、歩く事はできません。写真では判りづらいのですが、尾節の中に次の脱皮で生えるはずの棘が用意されているのが見え、脱皮間近であることがわかります。図中の3つの条件(眼、第6腹節と尾節の融合、尾節の棘)は、第1期ゾエアの特徴です。

ゾエア・横から

【孵化後二日目・その2】
 同じ第1期ゾエア幼生を横からみた写真です。腸管の中が黄色くなっていて、餌を食べていることがわかります。温度が高くて発生が進むのが早い場合、餌を食べないまま脱皮して第2期ゾエアになる事もあります。

ページ先頭へ戻る

ゾエア幼生の世話

 毎日ゴミ取りと発達段階のチェック(実験室ですので・・・)、餌やりをします。
エアレーションを外し、大きめのシャーレにチューブで底に溜まったゴミを吸い出します。当然ゾエア幼生も吸い込んでしまうので、トレース台等の上にシャーレを置き、肉眼やルーペ・顕微鏡等でゾエア幼生を探してピペットで取り上げます。この時、ゾエアの様子を詳しく観察し、形態や色素胞をチェックしてから、もとの飼育ビンに戻します。元気な個体はよく動くので目につきますが、脱皮前だったり、餌を上手く食べられない個体は元気が無く、あまり動きません。
 全部の幼生を拾い上げ、ビンに戻したら、植物プランクトンとクルマエビ用餌を与えます。植物プランクトンについては前述のとおりです。クルマエビ用の餌はすり鉢で細かくすりつぶし、小さいメッシュで濾してから、落ちた中の大きめの粒子だけを水流等で集めて適宜与えます。水質の悪化や、ゾエアがふわふわしたゴミにまかれて動けなくなるのを出来るだけ防止するために、粒子の小さすぎる餌は与えません。

ページ先頭へ戻る

着底、稚エビ出現

 ゾエアが稚エビになるまで、約1ヶ月〜1ヶ月半かかります。(水温や状態で、変化します)
ゾエアは初め水面付近に集まっていますが、発達が進むにつれて徐々に深いところにも下がるようになります。時々水槽の底に触っているようですが、ゾエアのうちは、まだ歩くことはできません。稚エビに変態して、初めて歩く事ができるようになります。そのように、浮遊生活(浮遊幼生期)から、底生生活(幼稚体〜成体)へと変わる事を「着底」と言います。
稚エビは漂っているゾエア幼生とは大きさこそあまり変わりませんが、動きは全く違うので、注意してみていればすぐに探し出せます。その時その時で随分様子は違うのですが、調子がよければ皆んなが一斉に(1日〜2日のズレくらいで)脱皮、変態を繰り返していくので、稚エビになるのも比較的一斉に起こります。水温が低かったり、状態が悪かったりする場合は、発達スピードの個体差が大きく、最初の個体の着底と、最後の個体の着底が、約半月もずれてしまう場合がありました。
稚エビになったからといって、すぐに淡水にする必要はありません。毎日徐々に塩分濃度を薄めていきます。

ページ先頭へ戻る

個体判別する必要がある場合

 ランダムに拾い上げた数十尾を50ccビーカー等で1尾ずつ個飼いをしています。毎日、または1日置きにゾエア幼生をチェックした後、新しい飼育水が入った別のビーカーに戻します。(全換水)

ページ先頭へ戻る

2004年8月公開、
2006年1月一部追記、2010年5月再編

Copyright (C) 2001-2011 水際喫茶室. All Rights Reserved.