水際喫茶室|お魚・エビに一喜一憂

チェッカーボード

Nothobranchius spec. aff. korthausaeKwachepa TZL-53-01

ノソsp.オス・その1

 南アフリカ産一年生卵生メダカ、ノソブランキウスの「たぶんコーソザイ」です。普段流通してないロケの様ですが、愛好家の方の御好意で里子として若魚を譲って頂きました。卵生メダカの飼育では、多くの愛好家の方に助けて頂きました。

ページ先頭へ戻る

ノソsp.オス・その2

上の写真と右の写真はオスです。光の加減で、体全体がもっと青く見えたりします。

ページ先頭へ戻る

ノソsp.メス

地味だけど、かわいいメス。オスより小ぶりです。

ページ先頭へ戻る

繁殖水槽の様子

繁殖水槽

17キューブ水槽に、煮沸したピートモスを採卵用&水質管理用にしきつめ、水面には水質モニター兼栄養塩類吸収用にリシアを浮かべていました。ベアタンクにエア無し、特別な加温無し(日当たりがいい上、冬も暖房使うので・・・冬の水温は、大抵20度より下回りませんでした) 1週間〜2週間に1度、半換水。
 最初ペアを同居させたら、オスがメスを追い回してぼろぼろにしたので、オスを2週間程隔離しました。その後メスを太らせてからあらためて一緒にしたところ、いいかんじに産卵してくれるようになりました。
日常的には、メスにオスよりも多めに餌が行き渡るように、割り箸でオスにフェイントをかけながらアカムシを与えていました。親魚は人工餌料(テトラプランクトン)にも簡単に餌付きましたが、稚魚はベビーフードにはなかなか食いつきません。フリーズドライのブラインには慣れましたが、少し時間がかかりました。ベビーフードやフリーズドライのブラインを与えた場合、うちでは結構食べ残しが出て水が汚れやすかったので、結局活き餌(生きたブライン幼生、インフゾリア等)が食いつきも水質管理の面からも一番良いと思いました。
 多産なので、雌雄が生きてるなら採卵自体は難しくないようなんですが、 むしろ採卵をマメにしすぎると、卵が採れすぎて孵化させた頃に困ります。コーソザイの休眠期間は2ヶ月位だから、と思って油断していたら、1ヶ月で卵が弾けてしまいました。他の方のところでもやはり1ヶ月程度だったそうです。
高温自体には強そうで、夏場もピンピンしてました。

ページ先頭へ戻る

F1個体

F1オス・その1

 トビ(同腹で同時に産まれた中で、飛びぬけて大きくなった個体)のオス。いばりんぼでした。他を威嚇して餌を独り占めするので、隔離されるはめに。

ページ先頭へ戻る

F1オス・その1−2

 上の個体のその後。ケースの後ろにライトがあるんで、黄色が飛んでますが、見事な虎ジマになりました。全体では、頭の赤味が強い個体と黄色が強い個体がいる気がしました。

ページ先頭へ戻る

F1オス・その1−3

 同じ個体をもう一枚。ちょっとピンボケですが、色はこちらが判ります。

ページ先頭へ戻る

F1オス・その2

 こちらは、上のトビと同腹で、一番小さかった稚魚。体側の横じまと、ヒレの端の白が綺麗。我が家はどうやらえさが少な目のようで、1ヶ月くらいじゃとても色がつきません。地味に見えますが、このページの一番上の写真は、右の個体の1ヵ月後の姿です。

 その後、高密度飼育のせいかコショウ病が蔓延して、手元に残していたメスだけが落ち、見事に独身寮が出来上がってしまいました。先に他の方に卵と稚魚をお譲り出来たおかげで、ロケが絶えずに良かったと思いました(汗)

ページ先頭へ戻る

2004年12月再編

Copyright (C) 2001-2011 水際喫茶室. All Rights Reserved.