水際喫茶室|お魚・エビに一喜一憂

チェッカーボード

ピグミーサンフィッシュ

オス

アメリカ南部の全長3センチのサンフィッシュ。「ピグミーサンフィッシュ」の名前で数種類が取り扱われているそうですが、これはエヴァーグラディ種。
繁殖期のオスは、濃紺の体に銀色の星がきらめく、とても綺麗な魚です。
個体差かどうかよくわかりませんが、フレーク等の人工飼料はあまり食べてくれず、アカムシ(冷凍・乾燥)、ブライン、ミジンコ等を与えています。我が家にいた魚の中では、餌の好みがかなりやかましい種類でした。小さな魚ですが、獲物に近寄る様はハンターなかんじ。動かない冷凍ミジンコが相手でも、そっと忍び寄り、身体をくく〜と曲げて用意してから飛び掛ります。そう言えばサンフィッシュはブラックバスとかブルーギルとかの仲間だったなあ、という事を思い出させます。
 水質変動に結構強く、小さい体の割には丈夫な魚だと思います。
 普通はオスが強くてメスを追いはらっていますが、求愛ダンスらしい動きでメスの前でアピールしている事もあります。威嚇の時は直線的な動きですが、求愛の時は背鰭をことさらヒラヒラさせて、華やかで柔らかい動きに見えます。(気のせい?(笑)

ページ先頭へ戻る

 我が家では、30キューブにRCS30尾以上と同居してる状態で、少数ですがいつのまにか1センチ程もある稚魚が泳いでいました。注意してみていると、モスやリシアの塊等に卵がばら撒いた様についていることがあります。卵の粘着力はあまり強くないようで、草に触ると卵はすぐ落ちてしまいます。ピートを敷いている水槽では、そこにオスが巣を作って産卵していることもあるそうです。

ページ先頭へ戻る

水槽

 稚魚はとても小さく、初めはブラインの一番小さい幼生でも食べられません。その間特別な給餌はせず、水槽内の微生物で乗り切りました。当時の水槽が右です。
 稚魚はとても小さい上に派手に動き回る魚ではないので、見つけるのが割と大変な部類に入るかなあと思いました。放置気味で稚魚が出てくるのを待てる人向き?(笑) 稚魚を数多く育てたい時は、産卵した親魚を違う水槽に引越しさせるのがいいと思います。
ただ、密度・または水質によるものか、たまたまなのか、結構性比が偏る話を聞きます。最初の里親kinoさんちではメスが少なく、オスだらけになって困ったそうですが、私のうちではメスだらけになってF2が採れませんでした。
結局同じくkinoさんち印の個体から採ったF2以降ペアを、麻呂パパさんに譲って頂きましたが、失敗してしまいました。お二方には、本当にお世話になりました。

ページ先頭へ戻る

2005年12月再編、2010年5月再編

Copyright (C) 2001-2011 水際喫茶室. All Rights Reserved.